30代美肌を保つために

30代美肌を保つために変えたこと変えないこと

30代美肌を保つために変えたこと変えないこと
とは何だと思いますか?

 

 

30歳を超えて、私がスキンケアやメイクで変えたこと、
もしくは変えていないことは色々あります。

 

 

30歳になって一番肌の問題で困ったことは、
透明感が落ちてキメが荒くなったことです。

 

 

しみの予備軍のような物も出ますし、体質変化による
吹き出物がなかなか治らないなど、
いろんな面で困っています。

 

 

でも、最近私の肌は少しづつ良くなりつつあります。

 

 

まずは、スキンケアとして吹き出物の為に肌に
優しい化粧水を自分で作っていることです。

 

 

シリカ水という水晶が溶けてできた液体に水素水を
混ぜただけのシンプルなサッパリとした化粧水です。

 

 

それが、あらゆる肌トラブルに効いて、吹き出物は治り、
肌に明るさを出してくれます。

 

 

私的には、どんな化粧水にも含まれているエタノールの
成分が合わなかったことなどが、
吹き出物を作った原因だったと感じました。

 

 

そして、肌に優しいだけでなく、口に含んでも安全な液体で、
髪に吹きかけても育毛効果があるらしく万能な液体であると
後でわかりました。

 

 

その他、私は、メイクでも、敏感肌に合ったキュレルの
日焼け止めを使い、毎日、
紫外線から肌を守ることで透明感を保とうと頑張っています。

 

 

キュレルは肌に優しいですが、
日焼け止めとしての効果もとてもあるように感じています。

 

 

そして、肌のくすみを明るくする為に私が20代から
続けているメイクがあります。

 

 

それは、オレンジのペンシルリップで、
それをチークとしても使うことです。

 

 

ほっぺだけでなく、目の下のクマの部分にも
少し塗るのがポイントです。

 

 

そうすると顔が一気に明るくなって、
クマやくすみを飛ばしてくれるんです。

 

 

これだけは、これからも変えない
私のメイク法です。

 

 

色々と書きましたが、30代になると隠さなければいけないものや、
努力すれば治るもの、色々出てきます。

 

 

どちらにせよ、自分に合った方法で、
色々試してみることと、変えないほうがいいことは
変えないことが大事だと思います。

 

 

肌がきれいなのは、女性にとってとても大事な事なので、
どんな状況になっても、
諦めないで工夫してみることだなと感じています。

 

30代以上のお化粧と肌ケアってどうしよう?

 

ゆるく続けるにはのプチ意見がいります。

 

 

30代以上ってどうしてもケアも化粧も
下がり気味になっちゃいますよね。

 

 

どうしたって20代のようにテンション高くなれませんし。

 

 

でてくるシミ、しわ、たるみ…怖いです。

 

 

鏡見るのだって嫌になってしまいます。

 

 

そこでどう戦うか…というよりもどう続けていくか。
自分の顔を愛してやるのはもちろんですが、ゆるくケアや抜けた化粧も、
愛してあげてはどうでしょう。

 

 

必死になったらどうしたってお化粧にも必死感が
出てしまうのでは、と思うのです。

 

 

ケアは責めの姿勢で…というより愛の姿勢で。

 

 

手のひらと指先でプッシュするにしろ抑えるにしろ、
今までがんばってつきあってくれたフェイスに
優しくしてあげたいですよね。

 

 

そうして、栄養を贈ってあげたらきっと肌は柔らかくなりますし、
表情だって柔らかく女性らしくなります。

 

 

そうして、年を重ねたイイ女の顔にはポイントをしぼった
優しいお化粧が似合う気がします。

 

 

優しく優しく自分にしてあげれば、家族や友人にも
優しくなれるのでは…大人のお化粧と肌ケアって
そういうオトクがあるのではないでしょうか。