30代になったら控えたいこと

30代になったら控えたいこと

30代になったら控えたいことって
意外とあるように感じました。

 

 

30代以上の肌ケアで大事なことは
肌をいじめないことです。

 

 

知らず知らずのうちに肌をいじめてしまっている人が
多いけれど見ていて心配になることもありますよ。

 

 

特に銭湯で肌をいじめている様子を目にします。

 

 

あかすりをナイロンタオルでゴシゴシしている人が
未だに多いのはどうしてでしょう・・・。

 

 

ナイロンタオルで肌をこするのは30代になったら
控えた方がいいのに、それでもまだまだ身体を
ゴシゴシこすっている人が多いのです。

 

 

若い肌でもナイロンタオルを毎日使っていると
肌の状態が悪くなるのに30代以上の人が
ナイロンタオルを使うのは危険です。

 

 

肌が真っ赤になるくらいゴシゴシこすり
続ける人もいます。

 

 

同じところを何度もこすってその部分だけ
肌の色が変わってしまう人もいます。

 

 

お風呂から上がって身体をタオルで拭いたあと
脱衣所で乾燥防止用のクリームを塗っている人も
少なくないですが、なんだか本末転倒のような気が
してならないのです。

 

 

ゴシゴシこすらなくてもきれいになるのだから・・・。

 

 

肌を清潔にしてからお化粧して

 

お化粧をする前は丁寧に洗顔した方がいいですよ。

 

 

30代以上の女性は常に肌を清潔にしておく方が
いいです。

 

 

今どき肌に雑菌がたくさんついていることを
知らない人はいないと思いますが、思っている以上に
肌には雑菌がうようよと存在しています。

 

 

雑菌が顔にたくさんついている状態でお化粧を
したってきれいになれないと私は思います。

 

 

「こういうことは気持ちの問題だから・・・」と
言う人もいますが、肌を清潔にして
悪いことはないでしょう。

 

 

汚れた肌にお化粧をすると私の場合は
吹き出物が出ます。

 

 

30代を過ぎたら肌を清潔にすることを
心がけるとお化粧もうまくいくし吹き出物も
できにくいです。

 

 

また、大人になると加齢臭が心配になりますが、
洗顔に手を抜いているとイヤなニオイが
気になることもあります。

 

 

加齢臭対策のためにも洗顔には
手を抜けませんね。

 

 

顔をきれいに洗ってからならお化粧も楽しいです。

 

 

汚れた肌にお化粧をしても満足いくできばえには
なりませんから・・・。